2007年06月27日

アナスタシア

洋裁と関係ありません。ネタ切れ中につき、別の内容です。
洋服を見に来てくださったかた、ごめんなさい。

とはいえ、興味がある方も多いのでは?
アイブロウトリートメントサロンアナスタシアのこと。

まず、初めて行く前には電話予約を。
以前は確か毎月1日のみ、だったのですが
今は店舗数が増え、いつでも予約できると思います。
とはいえ、やはり人気なのでそれなりに待たされます。
私は平日の日中の予約で2ヶ月待たされました。
平日の夕方以降や土日だったら、もっと待たされると思います。

そして大きなハードルがあります。
それは、1ヶ月くらいは眉を触るな、ということ。
抜くのもダメ、剃るのもダメ、カットもダメ。
左右の眉がつながろうが、海苔のような眉になろうが、
生やしっぱなしにしなくてはなりません。
会社勤めの人には相当難しいですね。
そうでない私にとってさえ、かなり厳しかった・・・
説明できる人にはこういう事情で、って説明したけど
説明できなかった人には、どう思われたことやら(笑)


さて肝心の内容ですが。
まず眉周りのメイクをクレンジングシートで落とします。
で、ペーパーナプキンのような紙をあてながら
眉山や眉頭や眉尻をちゃっちゃっと印つけ。
あっという間。

つぎに、骨格に合うステンシルを探します。
私は、ミドルアーチでした。
合うステンシルにあわせて眉を塗りつぶします。
これは目印をつける目的です。
塗られてないところを、ホットワックスでつるつるに
していきます。
このホットワックスというもの、剥がすときの痛みは
予想した程度でたいしたことがないけど、かなり熱かった。
本当にホット。生ぬるいくらいを想像してたのでびっくり。
ワックスで取りきれない産毛は、毛抜きで抜きました。
自分で抜くのが、ピッ、ピッ、ピッ、ピッ・・だとしたら
お店の方は、ピピピピピ・・・
は、早業だよ早すぎるよ。

で、一時的に塗りつぶした目印を落とします。
ここでもう、かなりきれいな眉ができていました。
もういちどステンシルをあてて、足りないところを
パウダーで書き足し、
さらに透明ブロウジェルで毛の流れを整える。
これで眉が立体的になります。
最後にラインからはみ出た毛をカットする。

あ、最後のカットの前だったと思いますが
眉の上下にハイライト(コンシーラーのようなもの)を塗りました。
コントラストで眉が際だつんだそうな。
これは面白い技だな、って思いました。

以上、所要時間30分くらい。
正直、仕上がりの好みはあるだろうなあ、と思います。
が、ワックス処理、これはほんとすごいです。
つるっつる。
こういう処理って、剃るのにしろ抜くのにしろ、
自分でやるのとやってもらうのとで大違いなんですよね。
自分でやると、どれだけがんばってもイマイチなんだよなあ。
無意識に手加減しちゃうのかな。

使用したツールや化粧品類も購入できます。
以前はステンシルを自分のタイプだけ売ってもらえなくて
抱き合わせで要らないタイプのものも買わされた、
という話をあちこちで読んでいたのですが、
最近は売ってもらえるようになったんですね。
ちゃんと2枚セットで、自分の形だけ、1200円で
購入できました。

ほんとはbefore/after写真でも載っけようかと思ったのですが
beforeはほんとに左右の眉がつながりそうな勢いだし
afterもかなり時間がたって疲れて帰宅した後で、ジェルも汗で落ちたのか
仕上げ直後と違うヨレっとした眉になってしまっていたので、
評判を落とすといけないわ、と思ってやめることにしました。

posted by cajolin at 15:20| Comment(5) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おーーー眉毛話おもしろい、興味津々ですわ。
へーーワックスできれいにしてくれるんですねーー。
伸ばしっぱなしにしたことを想像すると、激しく私には無理すぎる(だってげじげじ)、とは思うものの行ってみたい・・・。
眉毛の上下にハイライトってのもホーーと思いました。
下は入れているけど上かーー。試してみよう。

でも眉毛のまわりの産毛なんかも、剃って切れにするだけで輪郭って全然違いますよね。
私は結構適当に剃り込んで(笑)おりますが、一度プロの手にかかってみたいな・・・。
Posted by kapo at 2007年06月27日 22:30
ごめんなさいぃい。剃って切れ、ってなんだ。
剃ってきれいに、です、はい・・・。
Posted by kapo at 2007年06月27日 22:32
おー、そおんなサロンがあるのね。
cajolinさんは美を探究するお人だなあ。感心。
しかし1ヶ月はやしっぱなしは・・・(^^ゞ
帽子を目深に被ってごまかしたら何とかなるかもしれないけど、お勤めとかしてたらホント無理よね。
私はメイクアップアーチストの人にガイドを引いてもらってから大分キレイに描けるようになったよ。骨の位置とか重要なんだよね、奥深い。
before/afterも見たいなあ。サロンで撮ってくれてもいいのにね!
Posted by cre at 2007年06月28日 02:23
>kapoさん
1ヶ月ひきこもる位の心構えじゃないと厳しいですわ。
怪我したといって眉毛周辺に包帯を巻くとかどうかしら・・・って
この季節、激しく暑そうで却下ね。

眉上にハイライト、なかなか良い感じでしたよ〜。ぜひお試しアレ。
Posted by cajolin at 2007年06月28日 10:59
>creさん
いやはやほんとに・・・見せたらドン引きされそうなbeforeで(笑)
afterはやっぱり時間がたつと崩れてきちゃうから直後にサロンでとりたかった。

creさんはメイクアップアーチストさんに教えていただいたのね。
やはりプロは違うよねえ。
私の場合、美の追究レベルじゃなくて、人としてのマナーレベルを
クリアできるかどうか、っていうところのような気がしなくもないです。
Posted by cajolin at 2007年06月28日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。