2007年04月24日

photo (2)

引き続き【実践編】【あとがき】をお送りします。


【実践編】


*カメラのレンズはやや望遠側で*

カメラのレンズには望遠側と広角側があります。
広角側を使うと、写真の上下が歪みやすいです。
なので、やや望遠側にずらして使いましょう。
・・・なんて書いても???な方が多いですよね。
書いている私本人も、ちょっと考えないと???です。
要は、被写体から離れて、少しだけズームをきかせて
とりましょうということです。

もちろん広角側でも上手に撮れる方は当然撮れます。
広角レンズの特性を生かして、ということです。
なので、絶対に広角はダメ、という意味ではありません。
でも私のような素人には、望遠側で撮る方が無難みたい。


*被写体とカメラの距離*

前項の続きでもあるのですが、カメラからの距離は
3〜5mがよいのではないでしょうか。
それだけ離れると、ズームなしだと小さく写りすぎるので、
少しズームをきかせる必要性も出てきます。
ええ?3〜5mなんて遠いわ。とお思いの方、
床にメジャーを置いて計ってみてください。
意外と短い距離です。
私はいつも、自分とカメラの位置を4mくらいにしています。
私のカメラのセルフタイマーが最長10秒なので、
それ以上離れると間に合わせるのが大変です。


*カメラ位置(アングル)は、低めに*

カメラ位置は顔の位置より少し下げましょう。
個人的経験から言えば、腰と胸の間、つまり胴体のあたりが
自然かつ現実的に写ると思います。
ちょうど三脚の雲台がおへそにくるくらいかな。
もちろんこれは好みもあると思います。
ただあまり下げすぎると不自然だと個人的には思います。
低くても腰骨の位置くらいにとどめておくほうがよいと思います。

カメラ位置による印象の違いは、
ほんとはサンプル写真があるとわかりやすいのですが・・
ジェニーちゃんやリカちゃんなどの、
人間に近いバランスのお人形をテーブルの上に立たせて
写真を撮ってみると、とてもわかりやすいです。
お人形の上側から見下ろして撮ると、
頭が大きく短足にずんぐりと写ります。
悪く言えば幼児的でつたない、よく言えば愛らしい。
テーブルの下側から見上げて撮ると、
顔が小さく脚長にすらっと写ります。
悪く言えば威圧感があり、よく言えばすらっと。
おへその高さから撮ると、現実の印象に近く写ります。
ぜひ、試しに撮影してみて実感してみるのがおすすめです。
これは、基本的には人間でも同じ。ただ人間の場合、通常
カメラ位置は撮影者の身長の高さの範囲内に限定されますので
人形ほど大げさな違いは発生しにくいと思います。

女性が男性に写真を撮ってもらう場合、
男性の身長が、女性と同じか、もっと高いとして、
男性がしゃがんだりせずに普通にたったまま
顔の位置にカメラを持って撮影すると
現実とは違う(しかも悪い方向に)写真になります。
これ、私はさんざんやって懲りました。
「私、いくらなんでも5等身じゃないもん」と嘆きつつ
「いやホントは5等身なのか?」と不安になること数十回。
知ってればやらかさずにすむ失敗でブルーな気持ちに
なるなんて無駄でしかありませんね。


*「ピンぼけ」攻略*

ピントを合わせるのって意外と難しいですよね。
大きなサイズで撮影して、縮小をかければ、
ピンぼけ写真だという事実が目立ちにくくなります。
根本的な解決ではなくて、一種のゴマカシです。
私はセルフタイマーで写真をとっているので、
どうしてもピンぼけが発生してしまいがち。
なのでこの方法で対処します。
ちなみに私は、2048×1536pixel(3M)で撮影しています。
このへんの具体的なサイズは、PCの処理速度と相談しないと
処理しきれずにフリーズしてしまったり
時間がかかって作業効率が落ちるので要注意です。

あと、これはマニュアルモードでの話なのですけど。
被写体深度(F値)は、自分がシャッターをその場で押すなら
思いっきり浅くしたほうが当然シャープに撮れますよね。
でも、セルフタイマーなのでピントが合わないのが
一番怖い・・・なので、浅くしすぎないように設定しています。
このへん、まだまだ要精進です。

*露出について*

露出は、明るすぎるくらいなら暗めのほうがまだマシです。
悩んでいるなら、ぜひマニュアルモードで設定してみましょう。
私が自然光を使わない理由のひとつは、白飛びが嫌だから。
真っ白く飛んでしまうと、どうしようもないですよね。
正確には、レタッチソフト上級者なら、白く飛んだのも
なんとかなるのかもしれませんが、私のような素人には無理。
少し暗く写ってしまっただけなら、トーンカーブやら何やら
駆使すればどうにでもなります。
とんだ写真はアートとしてはすごくキレイなんですけどね〜。



【あとがき】

とりあえず、今思いつくことはこれくらいです。
いかがでしたか。
決して難しいことは書いてないはずですので、
着用写真がうまくとれない、という方は
参考にしてみてもいいかもしれません。
着用写真だけでなくトルソーに着せた服を撮る時も同様です。
ただし平たく置いて撮る方法はわかりませんのであしからず。
個人的には、服は着た時のシルエットがよくてこそ
ナンボのものだと思う(=価値があると思う)ので、
着用写真を撮る人がもっとふえてくれたらな、と思います。

それと念のため。
服の素材とか質感はとても撮るのがむずかしいです。
通販カタログとかでプロが撮ったものでさえ、
分かりづらいくらいですもんね。
決して現実そのままに撮れることはないと思います。とはいえ、
レタッチソフトの使い方でどうにでもなる気もしなくもない・・・
でも私は、レタッチソフト(photoshop)の使い方に関しても
素人なのでほとんど分かりません。

あと、濃い色はほんとに撮るのがむずかしいです。
黒とか紺とか。
セルフタイマーだと余計に。
まだまだ、要修行です。

とにかく写真は奥が深いし難しいと思います。
まあ素人がちょいちょいとがんばって簡単に高品質な
写真が撮れるなら、プロのカメラマンの意味がなくなって
しまいますもんね。なので難しいのは仕方がないのかも。

ここに書いた以外にも、簡単に実践できるテクをお持ちの方は、
ぜひコメント欄で教えてくださいね!

長文読んでくれてありがとう!
posted by cajolin at 08:05| Comment(17) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや〜、夢中で読みました。
さすがcajolinさん、やっていらっしゃることにちゃんと理由があるのですね。大変参考になります。
距離はアングルは私の経験則と同じです。なのに仕上がりが違いすぎるのはきっと本人のスタイルのせいね・・・
あと、自然光の入らない部屋が欲しいです。斜光カーテンを二重にしても入ってくるこの恐ろしい家がいやだ〜。ホント白飛びが憎いですわ。
Posted by cre at 2007年04月24日 08:26
>creさん
夢中で読んでくれたなんて・・・うれしいわ、ありがとう!
creさんも似たような方法で撮られていましたか。さすが、
気がつくのが早い・・・私、5等身に1年くらい悩みましたから(遅い)

自然光は入った方が住環境としてはいいですよね。
うちは何部屋か雨戸を閉め切っているのです。一年中。
室内のファブリック類の日焼けが嫌なので(ケチくさい!)
先日、雨戸を開けようとしたら、さび付いて動かなかったの(笑)
Posted by cajolin at 2007年04月24日 08:40
cajolinさんのカメラのスペックみてみたら、広角側が28mmでかなり広角なので、そのままとると相当歪んでみえてしまうんでしょうね。

私は、わかっていながら、後処理が面倒なのでついつい一番小さなサイズで撮ってしまいます(笑)私ももう少しデジカメの説明書をよく読んでがんばりたいと思いました!
Posted by kuma at 2007年04月24日 09:04
コメント途中で送ってしまった!

とっても参考になりました〜!情報公開してもらえてとても助かりましたし、面白く読ませていただきました。

参考にさせてもらいつつ、なんとかもう少しましな撮影環境を作りたいと思いました〜。
Posted by kuma at 2007年04月24日 09:06
はじめまして。こんにちは。
ブログも洋裁も写真も初心者です。
たまこさん経由でずっと
ロムさせていただいてました。
大変参考になりました。ありがとうございます。
Posted by pon at 2007年04月24日 09:51
>kumaさん
こちらこそ、ありがとう〜、面白く読んでいただけると一層うれしいです。
28mm・・あ、カメラ本体にも書いてあります。そんなに歪むんですね、ひょえ〜。
買い換え前は、finepixF710を使っていたのですが、それでも
かなり歪んでました(31.5mm)

私も説明書と首っ引きで精進します〜。
Posted by cajolin at 2007年04月24日 10:08
>ponさん
はじめまして!
長文を読んでくださってありがとうございます。
少しでも参考にしていただけたら、書いた甲斐もあるというもので
うれしく思います。またいつでもお気軽に書き込みどうぞ〜。
Posted by cajolin at 2007年04月24日 10:27
おおっ、すごく詳しく書いて下さってるわ!
前々回にふゆこさんも同じような撮り方では?と
いわれましたが、同じなのはカメラ位置&セルフくらいかも^^;
三脚やなく椅子&箱で。
そのカメラ位置も主人に撮ってもらったのは高め撮影で脚が短くなってるよ〜(泣
になってます。そのまま使ってますが・・。
自然光も使ったり使わなかったりで、写真写りばらばら。
cajolinさんみたいに均一なのが、カタログのようで見やすいです。
ちなみに、photoshopはちょっと使えるんですがカメラの方がまるっきり???
でも中古の三脚を買ったから次回からは撮りやすいかな〜。
精進しますね。
Posted by ふゆこ at 2007年04月24日 13:33
ありがとー!
一気に読んじゃた。(笑
三脚って高いものばかりなのかと躊躇していたのだけど、数千円単位で購入できるのね。これなら電気屋さんのポイントでGETできそうだわ。

光の加減って、重要ですよね。特に私達は、濃〜い色の生地が多いしね。
以前は、我家で一番自然光が入る玄関で撮影していたのですが、やはり天気の良い午前中が限定だったの。唯一白い光の照明が洋裁部屋だけなので、最近は夜中に洋裁道具を押しのけて撮影をしていました。夜中に照明を使って写真を取る方がまだマシに見えるかなーっと思っていたのですが、cajolinさんのエントリーを読んで納得だわ。
いつまでたっても写真初心者だけど、cajolinさんのように上手になれるようガンバローっと思ったわん♪
Posted by maco at 2007年04月24日 16:34
>ふゆこさん
ああ〜やっぱりふゆこさんもカメラ位置をちゃんと下げてらっしゃる。
そしてカメラ位置の問題だと気がつくのが早くていらっしゃる〜。

ところで三脚ゲット、よかったですね。
たぶんかなり効率があがると思います。
photoshopが使えるなら、最強じゃないですか?
今度ぜひ技を教えてくださ〜い。
Posted by cajolin at 2007年04月24日 17:59
>macoさん
一気に読んでくれてうれしいわ〜。
そうそう、三脚はチープなものでも高ささえちゃんと出れば
大丈夫です。本当は蹴っ飛ばしても倒れないもののほうがいいとは思うけど
ちゃんとしたのはやっぱりお値段も高いのよね・・・・

洋裁道具を押しのけて撮影・・・姿が浮かんできちゃった。
それは大変だ〜。最近の照明ってホテルの部屋のように
暗めの間接照明が主流だもんね。うちは古いので
そんなこじゃれた照明とはまったく縁がないの〜。
Posted by cajolin at 2007年04月24日 18:10
おはようございます。
お言葉に甘えてまたきました。
今できる範囲で着用写真の改善を図ってみました。(もう一度読み返すと自然光でとったのは失敗でしたが。。。。)
以前のものと比較の記事を書きたいので、紹介のためリンク頂いて帰ります。
確認のためURL置いて帰りますが、私のブログは洋裁に特化したものではなく毎日更新を目標にした節操の無いものなので、特に訂正箇所がなければ、コメントは無理なさらないで下さい。
Posted by pon at 2007年04月25日 07:36
>ponさん
こんにちは〜。
自然光がダメということではなく、いい条件のタイミングを見計らって
撮れるのなら、自然光でもぜんぜんいいと思います〜。
私は時間とか天気を気にせず撮りたいということもあって、
自然光は使えないんです〜。待てないんですよ、せっかちだから(笑)

リンク了解しました〜。ところでponさん北海道にお住まいなんですか?
いいな〜あこがれの北海道・・・
Posted by cajolin at 2007年04月25日 19:00
こんばんは
しっかり読まさせていただきましたよ。
レンズは望遠側でってぜんぜん分かってなかった、今度は実践してみようー。
フラッシュをOFFにした位で全てカメラまかせだったの、苦手意識が強くて。
まずは三脚買おうかな(笑
Posted by naco at 2007年04月25日 23:06
cajolinさん、お久しぶりです〜。

カメラ撮影のノウハウあれこれすごく参考になりました。我が家には写真を撮ってくれる気のきいたカメラマンや全身を写す大きな鏡がなかったので、崩壊寸前のボディコちゃんに着せて撮影していましたが、そうか3脚があればいいですね。
それにカメラももっといいの買わないと〜。
でも着用があまりにも醜くて、ボディコちゃんにすぐ戻しちゃいそう。。。
その他諸々すごく勉強になりましたので、お礼申し上げます。
Posted by hani at 2007年04月26日 00:03
>nacoさん
長文読んでくれてありがとう。
ちょっぴりだけズームを効かせてあげるとぜんぜん変わりますので、
ぜひお試しください。
nacoさんもセルフタイマー?だったら三脚はとってもおすすめですよ〜。
カメラ、私もすご〜く苦手意識があったんですが、
嵌り出すと楽しく感じるようになってきました。
Posted by cajolin at 2007年04月26日 10:29
>haniさん
お久しぶりです。お仕事忙しいのに来てくれてありがとう。
ほ、崩壊寸前って・・・haniさんってそういう何気ないところが面白いのね。
ぜひセルフタイマーで撮ってみてくださいね〜。
ダンスで鍛えているhaniさんの着用が醜いわけないじゃないですか。
それは、私が勝手に明言させてもらいます。
あ、カメラは、ここ2〜3年に出たものなら
そんなにいいものじゃなくても大丈夫だと思います。
Posted by cajolin at 2007年04月26日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。