2011年08月26日

ETIMO買いました

ご無沙汰しております。
かぎ針編みは相変わらず「アクリルタワシ」しか編んでないワタクシですが
どうもね、手持ちのかぎ針がダメで。
「竹はアクリルとの摩擦がどうもダメ。力が入りすぎて、手と腕がだるくなる」
「金属の柄ナシの場合、腕と手は問題ないけど指にタコができる」
と、悩んでおりました。
え、いったい何百枚編んだんだって?
...ふふふ、秘密です。
で、調べてみたら、どうやら柄付きの針がいいらしいということで
試用もせずに、いきなりETIMO(全部の太さ)買いそろえてしまいました。

etimo_1.jpg
 
 
 
 


 
 
etimo_2.jpg

こんな風に並んでいると無意味にドキドキします。

etimo_3.jpg

グリップは、6号までが細め、7号から太めです。
個人的には太めのほうが握りやすいと感じます。

コチラのショップで購入しました。
グリップがグレーならば、もっとお安い店があったんですが、
どうしても「油粘土の色」に見えてしまって。
(実物見てないので違ったらすみません)
個人的に油粘土にはトラウマがあるので、この色はどうしても無理と思って。
あと、ゴールドと合わせるならグレーよりブラウンのほうが合うでしょ?
というそれだけの話です。

話は元に戻ってですね。なぜETIMOにしたかと言うと...
柄付きのかぎ針を調べてみたら、
ハマナカのは両かぎ針だから却下(それに、なんか色もダサいし)
ペンEは、私の持ち方と合わなさそうだから却下(それに、なんか色もダサいし)
ミササは、金属でなくて黒檀なので折ってしまいそうで却下(見た目はよいのだけど)
ETIMOは、割と大きな手の人に使いやすい、あと持ち方が鉛筆持ちじゃない人には
使いやすいという評判だったので、これしかないでしょとフィーリングで決めました。

そして。買って激しく正解。
肩こり、指のタコ、手のだるさ腕のだるさ、
全てなくなりました。力を入れずにすいすい編める。
滑りが良いので、編むスピードが速くなる。
もっと早く買えばよかった。


ところで、なんでこう、編み物用品とかってダサい色ばっかりなんでしょうか。
段目リングとか。昭和時代のプラスチック製品の色で笑っちゃう。
こんな感覚じゃ、新規ユーザーを取り込めずに先細りになるしかないですよね。
そういう意味ではETIMOのメーカーはがんばってるなと。
と言いますのもね。
これ買った直後(数十分後)に「ロゼ」っていう製品が出ること知りました。
なにこれカワイイ。
正直言ってピンクのほうがよかったな。これで金属部分がピンクか
シルバーだったら、焦げ茶買って失敗だな。ゴールドあんまり好きじゃないし。
買う前にも公式サイトよくみたのに、ブログもみたはずなのに
気がつかなかったダメな自分。あああああ。
でもまあ、グリップの色自体は焦げ茶のほうが長く使えそうだからよしとするか。
隣の芝生はいっつも青い!

ほんとはピンクよりETIMOレース針の青/シルバーが好みです。
でも、かぎ針はゴールド、レース針はシルバーばっかりですよねえ。
業界的に、なんかルールがあるんでしょうかね。
個人的な好みから言えば、
金属部分がシルバー、グリップがフローズンホワイトのかぎ針があればいいのに。
ほら、グリップが適度に汚れれば、壊れない製品であっても
買い換え需要が生まれるじゃないですか。だからホワイト。
あ、買い換えじゃなくて、抱き合わせで専用洗剤を売るという手も(笑)
消費者としては、ノーメンテで汚れにくい素材のほうが、ありがたいですけど、
収益あげてもらって、もっといい新製品が開発されれば、もっと楽しいですもん。
そのためには多少貢いでもかまわん、と思うのであります。

ところで、
アクリルタワシしか編まないくせに、何ゴタク並べて、何買ってるのだろう自分。
ピアノ超初心者が1000万円するグランドピアノを突然買って
ニヤニヤしているようなものですね。
相変わらずしょうもない。
ま、ピアノと違ってノーメンテで一生持つからいいか。いいってことにしよう。

しかも、そろそろアクリル嫌になってきたっぽいですよ。
ずっと編んでいたら、真夏なのに乾燥して手荒れしてきた。
試しにシルクウールのいい玉を買ってみたら、
うっとりするような肌触りで、それに比べたらアクリルはガサガサで
「こりゃ手も荒れるわ」て感じで、そろそろアクリル嫌になったと
思ってしまいました。
そして案の定何万円分かの「いい糸」まとめ買いしてしまいました。
調子に乗りすぎ。


今日の余談。
毛糸を物色していたら、おきまりの?変な表示を見つけました。
http://kpixie.com/catalog/index.php?cPath=35_293_356
たしざんが!

posted by cajolin at 14:21| Comment(0) | 編み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。