2009年09月05日

ララバージョコラート(オレンジ)がおいしい件

オレンジとチョコレートの組み合わせは最強だと思う
今日このごろ。
ララバーも、ソイジョイも、気がつけば同じ味ばかり選んでしまう。
っていうのはさておき。

すっかり夏も終わった感じの天気が続きますが、
いかがお過ごしですか?

ずいぶん久しぶりの更新になります。
この夏は、
本「ドレープドレープ」の実物大型紙をうつしたり
頼まれものを縫ったり、自分のものもいくつか縫ったりしていました。






 
「ドレープドレープ」が型紙がとても大きいです。
1枚のパターンが私の150cm×90cmの作業机に
乗りきらないものもあります。乗り切らないと、
パターンを紙にうつすのは何とかなっても、裁断が難しいですよね。
カッターマットの面積も足りないし。
布地に基準線を書いて、カッターマットや布をずらしても
裁断がずれないように工夫する、しかないのかなー。

それにしてもこの本、面白い形がたくさん。
たぶんジャンルとしては「ハイファッション」なんだと思います。
でも実際はモデルさんと違って素肌には着ないと思うので、
もうすこし日常服に近づけられるかなと思います。
ですが、黄色〜かぼちゃ色で作ったら「ガンジス河で水浴びしてる人」
になりそうな危険な形(たとえば4番や17番あたり)があったりだとか、
あと16番は高級ガウンに見える〜とか、
実用性はともかく、いろんな意味で楽しい本だと思います。

頼まれものは、普段着じゃなくてコスチュームに近いもの。
普段自分では絶対に着ないものなので、楽しかったです。
しかし、薄地って難しい。ほんと難しい。
特にオーガンジー生地に厚みのある(しかもめいっぱいつぶして
5mm厚はある)刺繍モチーフのついたイタリー製生地に巻きロックを
かける作業には泣かされました。
結局、きれいに巻きをかけるのが困難だと分かったので、
巻ロックを空環で縫って細いテープ状にしてから
布の端っこに縫い付けて、はさみで余りをカットという
すごーく手芸的な方法?にしました。神経すり減ったけど
きれいに仕上がった。

自分のものはカーディガンをいくつか。
ワンピースいくつか、それと帽子いくつか。
あと日傘を制作中ですが、
すっかりハイシーズンを逃してしまいました。
写真がとれたら、更新します。





posted by cajolin at 10:14| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜!
「ガンジス河で水浴びしてる人」に笑ってしまいました。
本は見たことがないのですが目に浮かびます。
ドレープが多いとパターンも大きくなるってことですね?
ということは、生地もたくさん使うのですよね。

頼まれものの生地、とても難しそうですね。
自分のでさえ失敗したら…と思うと手が出ませんが、
頼まれものを作り上げてしまうなんて尊敬です!

カーディガンやワンピースなどもまた、
拝見できるのを楽しみに待っています☆
Posted by ジロ at 2009年09月08日 13:55
ジロさん、こんにちは。
ええ、水浴びで間違いございません(笑)ので、書店にお立寄りの際にでも
ご確認くださいまし。
そうそう、用尺も多いです。在庫布が一気に大量に減らせて一石二鳥(そっちか)

ずーっと自分か夫のものばかり作ってきたのですが、ええい、
この設備と能力をどっか他のことにも生かせんか、と思い立ち
頼まれてみました。
自分のための服には変わった素材は滅多に選ばないので、
とてもよい経験になりました。

なんとか時間を見つけて写真をとって更新したいです。
写真とれる時間がある時にかぎって天気が悪かったりして
なかなか・・・です。
Posted by cajolin at 2009年09月09日 19:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。